ホーム機能チャット・報告

基本機能

チャット・報告

施工管理アプリ「KANNA(カンナ)」では、離れていてもプロジェクトに携わるメンバー同士で円滑にコミニュケーションを取ることができます。チャット機能は使い方も非常に簡単で、まるでチャットアプリを使っているような感覚でメッセージのやり取りを行うことが可能です。また、メッセージだけでなく写真の共有もスムーズに行うことが可能なので、日々の報告や相談もスムーズに行うことができるようになります。

報告書作成

主な機能

工事現場での仕事に特化したチャット機能

KANNAでは、工事案件ごとにチャットグループが自動で作成されます。そのためチャットの管理がしやすく、さらに過去に会話した内容・共有した資料データなども見返しやすくなっています。KANNAは通常のチャットアプリと異なり、現場仕事を行う方にとって使いやすい設計を追求しています。
チャット上で共有した写真や資料データが「時間が経ったら保存できなくなってしまった」といったことに悩む必要もなくなります。
KANNAにアップロードされたデータは、いつでも好きなタイミングで保存することができるため、保存期間を気にする必要がありません。
チャットグループは(自動作成とは別で)独自に作成することも可能・個人間でのチャットも可能です。会話した履歴はすべてアプリ上に残されるため、工事に関する過去のやり取りもすべて確認することができます。これによって、工事現場における「言った言わない」のトラブル回避にも繋がります。

工事現場での仕事に特化したチャット機能

アプリでコミニュケーションを一元化できる

個別の電話やメールでやり取りしてしまって全体メンバーへと情報が共有されない、といった課題もKANNAであれば解決できます。
工事に関する情報はすべて、工事に関わる社内・協力会社などメンバー全員を含むチャットグループで会話をすることにより、リアルタイムに全員が漏れなく正しい情報をキャッチアップすることができるようになります。さらに「案件ごと」のチャットで送信した資料は、自動的にフォルダへと格納されます。
KANNAは直感的にも使いやすいUIとなっており、まるでチャットアプリを使っているような感覚で仕事上のコミニュケーションを取ることができます。

アプリでコミニュケーションを一元化できる

現場にいながら作業日報を共有できる

KANNAの報告機能を活用すれば、一日の作業開始・作業終了などの報告(作業日報)や相談を、アプリの入っているスマートフォンやタブレットから行うことができます。
報告を行う際に、メッセージに加えて画像データも添付することができるため、上司や管理者は案件ごとに工事現場の状況をより迅速且つ正確に把握することができるようになります。
報告における面倒な手間を省くことによって、工事現場における報告の精度・スピードを改善できるようになります。

現場にいながら作業日報を共有できる

よくある質問

Q

チャットにはどのような機能がついていますか?

A

写真や資料をチャット上で共有できたり、特定の相手にメンションをつけてメッセージを送ることも可能です。また、既読機能もついているため、誰がメッセージを読んだのかも把握することができます。

Q

チャット・報告の機能はスマートフォンアプリでのみ利用できますか?

A

チャット・報告の機能は、パソコンとスマートフォンアプリの両方からご利用いただくことが可能です。

基本機能

オプション機能

プランや費用に詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください

お客様のご状況に合った、最適なプランをご提案いたします。


お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 10:00 ~ 19:00

03-6228-1844

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6228-1844

受付時間:平日 10:00 ~ 19:00

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日 10:00 ~ 19:00

03-6228-1844

お電話でのお問い合わせ

03-6228-1844

受付時間:平日 10:00 ~ 19:00


Aldagram

会社概要

お問い合わせ

© 2022 Aldagram Inc.